【2019年最新】筋トレ効果を最大にするBCAAの摂取量まとめ

「BCAAの摂取量はどれくらいがいい?」

「BCAAは摂取量を間違えると効果が無いって本当?」

今回はこんな疑問に対し、トレーナーの僕が適切なBCAAの摂取量について解説していきます。

5分で読み終わる内容なのでサクッと専門知識をつけましょう!

ゴリ蛙師匠
ゴリ蛙師匠
ほんまにサクッといくでえ

そもそもBCAAとは

BCAA

念のためBCAAとは何かおさらいしておきましょう。

BCAAは筋トレにおいて重要なアミノ酸3種のことを指します。

BCAAとプロテインは違い、BCAAは筋肉合成のトリガーとなり、プロテインは主に筋肉合成の材料となります。

BCAAの効果を最大に引き上げるためにも是非以下の記事も後程参考にしてみてください。

関連記事:【完全版】筋トレでBCAAを飲むべき3つの理由と注意点まとめ

BCAAの適切な摂取量とは

量

BCAAの摂取量が少なくても、多過ぎてもいけません。

筋トレの効果は最大限にするためにはあなたの体に合った摂取量を知る事が大切です。

これからBCAAの適切な摂取量について、解説していきます。

BCAAの摂取量は体重で変わる

体重

結論から言うと、BCAAの最適な摂取量は体重×0.1gです。

例えば体重60kgであれば、6gのBCAAを1日で摂取します。

またBCAAを飲むタイミングとして理想的なのは、筋トレ30分前と筋トレ中です。

BCAAの摂取量を間違えるとどうなるか

量

次にBCAAの摂取量を間違えた場合に何が起こるか解説します。

ここを間違えてしまうとBCAAを飲んでも効果なし

という事に成り兼ねませんので注意してください。

摂取量を間違えると効果無し

男

BCAAを摂取量する量が少な過ぎると効果が得られません。

以下の図ではBCAAの摂取量が1000mg(1g)を下回ると、血中のBCAA濃度が上がってもほとんど持続しないという結果を表しています。

BCAA濃度グラフ

引用:大塚製薬 BCAAはいつどれくらい摂取すればいいの? より

BCAAを飲むなら必ずこの1gを上回るようにする必要があります。

また、BCAAだけで飲んでも実はあまり効果がないことも分かっています。

BCAAの最適な飲み方BCAAとプロテインを一緒に飲むことです。

参考記事:【意外と知らない】プロテインとBCAAを一緒に飲むべき理由まとめ

摂取量を間違えると下痢になる

下痢

BCAAは摂取量が多すぎると下痢を引き起こします。

例えば30gを1回で飲むような場合は腸の浸透圧調整が起こり、腸に大量の水が流れ込みます。

すると下痢を引き起こす原因となってしまうのです。

筋トレでBCAAを飲むときは下痢にならない程度に気を付けましょう。

関連記事:【完全版】筋トレでBCAAを飲むべき3つの理由と注意点まとめ

まとめ

まとめ

BCAAは摂取量によって筋トレの効果を上げることができます。

しかし逆に摂取量を間違えば効果が得られないまま筋トレを終えることになります。

正しい摂取量を守り、筋トレの効果をUPさせていきましょう!

この記事のまとめ▼

BCAAを飲むなら最低でも1g以上。理想は体重×0.1g!

ABOUTこの記事をかいた人

DaisukeK

筋トレ歴1年目。通っているジム:エニタイムフィットネス。愛用のプロテイン:マイプロテイン。使用サプリ:HMB。実体験に基づく価値ある筋トレの情報をお届けします。