エニタイムに申し込む前の注意点!複数の店舗で体験を受けるべき理由とは

エニタイムフィットネスの特徴は、昼夜問わず365日24時間利用でき、他のジムと比べ価格が抑えられている点です。

会員になって1ヶ月経過すれば世界中どこのエニタイムフィットネスも利用できるようになるのも、引越し等があっても通い続けられるので嬉しい点です。

世界27カ国に4500以上の店舗があります。

こうやってできるのもエニタイムフィットネスがフランチャイズで店舗を増やしているからであり、それ故に店舗によって少しずつ設備等が違ってくるので入会前に体験に行くことをお勧めします。

関連記事:【女性必見】1人でも安心して行けるジムはここ!東京エリア3選

エニタイム入会前に体験に行くべき理由

エニタイム

先にも少し触れた通りエニタイムフィットネスはフランチャイズな為店舗によってトレーニング設備に少しずつ違いがあります。

マシンメインの店舗もあればフリーウェイトメインな店舗もあるのでご自身のトレーニング目的に合っている店舗かどうか確認する必要があります。

また、設備の使い勝手はモチベーションを左右するので以下の点の確認も重要です。

  • シャワーやお手洗い等水回りの数
  • 女性専用の水回りの有無
  • パウダールームの有無
  • 無料ウォーターサーバーの有無
  • 水素水サーバーの有無(有料)
  • 土足の可否 等

 

そして、ご自身が一番使いそうな曜日や時間の混み具合もチェックするといいでしょう。

時間毎の利用者数を張り出している店舗もありますし、なければスタッフの方に聞けば教えてもらえます。

自宅の近くや、職場・学校の近くなど何店舗か比べてみてください。

関連記事:【現役フィジーカーが語る】筋トレは週何回がベスト?効果的な頻度と筋肥大の仕組み

エニタイム体験までの流れ

タオル

実際に体験する際は、公式ホームページから各店舗に来店日時を決めるのに直接連絡をとる必要があります。

メールでも電話でも可です。

実際にトレーニングすることもできますし、見学と説明だけ受けることもできます。

いずれもスタッフの方の滞在時間帯のみなので、トレーニングをしたい場合は時間に余裕を持っていくと良いでしょう。

店舗によっては無料や1000円ほど費用がかかる場合があります。

費用がかかる場合でも当日に入会すれば返金される場合があるので、無料の店舗から体験するのが経済的です。

エニタイム体験当日

体験

体験当日は決まった日時に店舗に行くだけ。

自動ロックのドアですがインターホンを押すとスタッフの方が出迎えてくれます。

あとは説明を聞いたり、実際にトレーニングをしたり、設備や使い勝手を見定めてください。

実際に体験した感想含め

私は実際に体験してから入会したのですが、体験に行ったのは自宅近くの1店舗のみでした。

入会後1ヶ月経過し、職場近くの他店舗を使った際に設備の違いや客層の違いに驚きました。

同じ値段なのに職場近くの店舗の方が私には合っていて、少し損した気分になりました。

より自分にあった環境の方がトレーニングも捗ると思うのでぜひ複数店舗の体験に行ってみてください。