【意外と知らない】プロテインとBCAAを一緒に飲むべき理由まとめ

「プロテインとBCAAは違うものなの?」

「それぞれどんな飲み方をすればいいの?」

今回はこんな疑問に対しフィジーカー選手兼トレーナーの僕が5分程度で解説していきます。

この記事を読むことでプロテインとBCAAの違いや正しい使い方について知ることができます。

ぞれでは早速BCAAとプロテインの違いからみていきましょう。

ゴリ蛙師匠
ゴリ蛙師匠
サクッといくで
いぇあ
ガリうさぎ
ガリうさぎ

プロテインとBCAAの違い

プロテイン

結論から言います。

プロテインとBCAAはまったく別物です。

ここで言うプロテインはWHEYプロテインのことですが、WHEYプロテインにはアミノ酸の種類20種をすべて摂ることができます。

対してBCAAは20種のアミノ酸のうち「バリン・ロイシン・イソロイシン」3つしか摂れません。

それぞれ以下の役割があります。

プロテイン BCAA
役割 筋肉の材料へ・筋肉合成サポート 筋肉合成サポートのみ

みて分かる通り、BCAAには筋肉の合成をサポートする役割しか備わっていません。

つまり、BCAA単体では筋肉をつくることはできないのです。

次にプロテインとBCAAの飲み方についてみていきましょう。

プロテインとBCAAを一緒に飲むべき理由

飲む

プロテインとBCAAを一緒に飲むべき理由は、恐らくそらくもうお分かりでしょう。

プロテインとBCAAを一緒に飲むべき理由は、それぞれの欠点を補う必要があるからです。

プロテインだけですと筋肉合成のトリガーとなるアミノ酸(ロイシン)が不足します。

かといってBCAAだけだと筋肉の合成に必要な栄養が足りません。

これら相互の弱点を補うことで、初めてプロテインとBCAAの本来の力を発揮できます。

BCAAだけで飲むとどうなるか

BCAA

うっかり筋トレ前にプロテインを飲むのを忘れ、BCAAだけ飲んだとします。

その場合筋トレをすればするほど筋肉が分解されていきます。

筋トレで壊れた筋肉は超回復のために栄養を探します。

しかし栄養が見当たらないので、他の筋肉を分解してなんとタンパク質に戻してしまうのです。

筋トレが無意味になるどころか、筋肉が分解されてしまうので必ずBCAAを飲むタイミングではプロテインも忘れずに飲むようにしましょう。

関連記事:【激安】トレーナーの僕がおすすめするコスパ最強のプロテイン3選

減量中にBCAAだけ飲むのもNG

NG

減量中ならBCAAだけでいいのでは?

という意見もありますが、それは誤りです。

減量中にBCAAだけ飲むと先ほどの理由でせっかく付けた筋肉が分解されてしまいます。

脂肪だけでなく筋肉まで削ぎ落ちてしまいます。

減量中でもプロテインを飲むようにし、筋肉の分解を防ぎましょう。

関連記事:【注意】BCAAは飲み方を間違えると効果なし!正しい飲み方ガイド

まとめ

まとめ""

今回はサクッと分かるようにBCAAとプロテインの違いに重点を置いて解説しました。

また別の記事ではBCAAの最適な摂取量についても触れています。

BCAAの知識を深め、筋トレの効果をUPさせましょう!

この記事のまとめ▼

プロテインとBCAAは全く別物。一緒に飲むことで筋肉合成効果をUPすべし!

コウスケ
About コウスケ 37 Articles
ゴリ蛙師匠のモデル。トレーナーの仕事の傍ら、フィジークの大会出場に向けて修練中。主に筋トレ系記事の監修・制作・動画モデルを担当。最近の出来事:2019年10月NPCJ福岡大会出場。