【最新版】筋トレの効果をUPする休養日の過ごし方4選!

筋トレ

筋トレの休養日の過ごし方の基本は有酸素運動を避け、プロテインを多く摂取することに尽きます。筋トレの休養日なので当然筋トレ(無酸素運動)をすることはありませんが、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動は筋肉を分解してしまう原因となります。せっかく筋トレをしたのに筋肉量が増えないという事にも成り兼ねませんので注意が必用です。有酸素運動は筋肉痛を早く治す方法の一つとされていますが、可能な限り避けるようにしましょう。

プロがおすすめする筋トレの休養日の過ごし方

筋トレ

今回は筋トレの休養日の過ごし方について、現役フィジーカー選手兼トレーナーがおすすめする方法を伝授していきます。これから紹介する方法を守ることで筋トレの効率を上げ、また筋肉が分解されるのを防ぐことができます。筋トレ初心者の方はまずはこの方法を守ることが大切です。

関連記事:【現役トレーナー伝授】筋トレの効果的な休憩の取り方と筋トレの種目

筋トレの休養日の過ごし方① とにかくプロテインを飲む

筋トレ

プロテインは筋トレをした後の30分以内、すなわちゴールデンタイムに飲むべきと言われてきました。しかし今の筋トレ界の常識ではプロテインは毎日どころ数時間おきに飲み続けることが重要であると言われています。このように言われる一番の理由は、プロテイン(タンパク質)が不足すると、筋肉がどんどん分解されていくからです。もちろん筋トレの休養日においてもこれは同じです。

そもそも、筋トレとは筋肉を一度トレーニングによって壊し、それを修復・成長させることで大きくすることです。壊れた筋肉を修復・成長させるにはタンパク質が材料となります。筋トレをしている人に必用なタンパク質摂取量は体重×2gです。普通の食生活では到底摂取できない量なのです。つまり筋トレをしている人はプロテインのような効率よくタンパク質を摂取できるものが欠かせないということです。

関連記事:【2019年最新】トレーナーの僕が選ぶ激安のプロテイン3選!

筋トレの休養日の過ごし方② 疲れていない部位を鍛える

筋トレ

筋トレでは休養日は作らず毎日トレーニングをする方もいますが、ボディビルダーやフィジーカーといったプロを目指す選手でない限りこれはおすすめしません。彼らは筋トレの技術や自分の筋肉の限界をよく知っているため、それだけハードなトレーニングを毎日こなせるのです。

では趣味や健康維持として筋トレをしている人は休養日に筋トレをしてはいけないのでしょうか。決してそんなことはありません。趣味で筋トレをしている人のような場合、前日に鍛えた部位と違う箇所を鍛えることをおすすめします。

同じ部位を酷使してしまうと怪我に繋がってしまいますし、何よりも筋トレの効率が最悪です。筋肥大には超回復という筋肉を修復させる時間が必用ですが、その時間を与える間もなく筋トレをしていることになります。絶対に避けてください。その代わりに前日鍛えた部位と違う部位を鍛えることは問題ありません。筆者の例でいくと一週間を腕、脚、肩、胸など様々な部位に分けてトレーニングメニューを組んでいます。こうすることで超回復をさせながら前進くまなく鍛えることができるのです。

関連記事:世界王者の流儀!筋トレで効果的な休みの取り方と3つの法則

筋トレの休養日の過ごし方③ 有酸素運動を避けじっとしておく

筋トレ

有酸素運動(ウォーキングやランニング)は筋トレの天敵となるので注意が必用です。有酸素運動は脂肪だけでなく筋肉も分解してしまいます。筋肉を大きくしたい、ムキムキな身体にしたいという人は避けましょう。階段上り下りも危険です。筋トレを頑張った翌日は自宅でゆっくりと過ごすのも悪くありません。頑張った自分を労わってあげましょう。

筋トレの休養日の過ごし方④ ストレス発散

ストレス発散

筋トレなどの体を動かす行為にはストレス発散の効果がありますが、いつも筋トレばかりではマンネリ化してしまうこともあるでしょう。そんな時はどこかに出かけたり、温泉に行ったりしてストレスを発散することをおすすめします。ストレスを感じると人間は成長ホルモンの一種であるコルチゾールという物質が体内で増加します。このコルチゾールは筋肉を分解する働きがあります。筋肉を大きくするために重要なのは筋トレをすることだと思われがちですが、精神状態を整えストレスとうまく付き合っていくことも重要なのです。

関連記事:【朗報】筋トレしてもビールはOK!ダイエット効果もあると判明

筋トレの休養日の過ごし方は人ぞれぞれ

筋トレ

筋トレの休養日の過ごし方について、正解はありません。人によっては筋トレをせずにじっとしておいた方が良いケースもありますし、一方で異なった部位を鍛えた方が良いケースもあります。しかし最初のうちはどんなスタイルが自分に合っているのか分からないのが普通です。まずはこの記事に書いてあることを実践し、自分が一番ストレスなく継続できる方法を選んでみましょう。

この記事のまとめ▼

筋トレの休養日の過ごし方のポイントは有酸素運動を避け、疲労した筋肉に栄養と休息を与えること!ストレスの発散も筋トレ効果アップ!

ダイスケ
About ダイスケ 17 Articles
ガリうさぎのモデル。ウェブマーケッター・ライティング・SEO担当としてOrenoに従事。ゴリ蛙師匠の元、マッチョを目指す。最近の出来事「ダンベルを買ったこと」好きなメニュー:カール。twitterやってます→こーづまん@大手企業から逃亡