筋トレ中に音楽を聴くことはなぜいいのか?その科学的根拠に迫る

スポーツジムやフィットネスクラブへ行けば、音楽を聴きながらランニングやバイクに励んでいる人がたくさんいますよね。

公園やトレーニングジムでジョギングをしているランナーも、イヤホンで音楽を聴いていることがあります。

最近では筋トレの最中にも音楽を聴くという人が増えていることをご存知でしょうか。実は、筋トレ中に音楽を聴くと、トレーニング効果がアップするといわれているのです。

一体、筋トレと音楽にはどんな関係があるのでしょうか?今回はその理由について、科学的な見地も踏まえて説明していきます。

なぜ筋トレ中に音楽なのか?

例えば、スポーツやコンテスト、発表会の本番前でも、音楽を聴く人たちがいます。

その理由は、モチベーションを上げたり、音楽のリズムで呼吸を調整したり、好きな音楽を聴くことで気持ちを落ち着かせたり…と、実に様々です。

筋トレも例外ではありません。これらと同じようなものが考えられるので、具体的に挙げていきましょう。

集中力を高める

筋トレ中に音楽を聴く目的の中で、最もポピュラーなのは「集中力を高める」ためです。音楽には脳内の神経伝達物質・ドーパミンを向上させる効果があり、ドーパミンが分泌されると多幸感を覚え、つらい筋トレも乗り越えやすくなります。

また、精神安定効果やリラックス効果も得られるため、気持ちをコントロールしやすくなるという一面もあるようです。筋トレが楽しくなりそうですね。

さらに、音楽を聴くことで周囲の雑音をシャットアウト。人から話しかけられることもないため、ひとつのことに集中する状態が継続でき、トレーニングだけに向き合うことができます。

ストレスを軽減できる

音楽には、ストレスホルモンの「コルチゾール」の分泌を抑えるという効果があります。これはスポーツや競技にも有効で、精神面を常にリラックスさせてくれます。

また、コルチゾールは、筋肉を分解してしまいエネルギーに変えてしまう働きを持っています。その分泌を抑えてくれるということは、筋肉が分解されるのを防ぐことを意味します。

モチベーションが高まる

トレーニング中に音楽を聴くことでモチベーション(やる気)が高まることがあります。

これは筋トレ以外にも言えることで、好きな音楽を耳にするとがぜんやる気が出た経験てありますよね?自然と気分が高揚するため、トレーニングの質を上げられるというメリットがあるからです。

例えば、ヘビメタ、ロックなどで気分を鼓舞する、映画のワンシーン(トレーニングシーンなど)に使われているBGMを聞いてその世界に入り込む、といった手法がその具体例。筋トレの質は、モチベーションによって左右されるといっても過言ではありません。

「今日はいまいちテンションが上がらないな…」という日のトレーニングは、こうした音楽を聴いてみましょう。ドーパミンが分泌され、不思議とモチベーションがわいてくるはずです。

テンポやリズムが作れる

例えば、走り幅跳びや走り高跳びの選手が、観客席から拍手を求める光景を目にしたことはありませんか?助走のテンポと手拍子が合えば以上の記録を発揮することに繋がるからです。一体なぜなのでしょうか?

人間は、母体の中にいるときから母親の心拍でリズムを感じ始め、生後成長していくにつれ、脳が様々なリズムを理解し、身体の動きはリズム感を形成していくといわれています。つまり、人は周りのリズムに自分を同期しようとする生き物といえるのです。

話を筋トレに元に戻すと、レップ数をこなす際、一定のテンポやリズムを保つと、パフォーマンスアップが期待されます。また、聴いている音楽のテンポが速ければ、筋トレペースも早くなり運動の無駄を少なくできるメリットも享受できます。

人間の本能に備わっている機能をうまく利用する、それが音楽を聴くという行為なのです。

 

辛さを緩和できる

筋トレをしていて、「しんどい」「きつい」と思うことってありませんか?こうした感情はワークアウトをする上では邪魔になります。音楽は、その感情を解消してくれる可能性があります。

特に思わず口ずさみたくなるほど好きな音楽であれば、聴くだけで楽しい気分になりますよね?それが、辛さや痛みを和らげてくれるのです。筋トレの効率が上がるのも納得ですよね?

 

筋トレ中の音楽の選曲ポイント

音楽を聴く効果が分かったところで、今度はどんな音楽を聴くべきなのかについて触れていきましょう。

ここではシチュエーション別の選曲ポイントを説明していきます。

 

ウオーミングアップには、高揚感のある音楽

ストレッチや軽いジョグなどのウオーミングアップ中に聴きたいのは、高揚感が高まる音楽が良いでしょう。

「血沸き肉踊る」かのごとく、だんだんとやる気がみなぎってくるような勇ましいBGMがオススメです。オリンピック中継のテーマソングや、スポーツアニメ、映画、ドラマなどのテーマソングは、記憶にあるシーンが頭の中で蘇り、高揚感を刺激してくれます。モチベーションを高めるにはうってつけといえそうですね。

ウエイトトレーニングでは、アップテンポな音楽

高重量を持つときは、先にも述べた通りテンポやリズムが良いものをチョイスしましょう。クラブミュージックやロック系などがいいかもしれません。リズムを心地よいペースで刻んでくれる音楽はワークアウトを効率化してくれます。

逆にテンポが遅い曲を聴いていると、動きが鈍くなりかねません。ワークアウトにも支障をきたすので避けましょう。また、自分が好きな音楽もウエイトトレーニングでは逆効果を生んでしまう可能性があるので注意してください。

ネット上には、「トレーニング中に聴きたいオススメ音楽」といったランキング情報がたくさん紹介されています。うしたデータを参考にチョイスするのもいいかもしれませんね。

 

有酸素系のマシントレーニングでは好みの音楽を

引き締まった細マッチョな筋肉を作るには有酸素運動も必要です。スポーツジムに通っている人の中にはエアロバイクやトレッドミル、クロストレーナーなどのマシンを使うトレーニーも多いのではないでしょうか?その際に聴くのなら、自分が好きな、聴いていて楽しくなる音楽がおすすめです。

有酸素系トレーニングは、退屈で時間も長く感じてしまいがちですよね?そういうことも考え、あらかじめ好きな曲をセレクトした音楽端末を用意しておけば、長い時間の退屈なトレーニングも楽しくなるはずです。「走っていても苦痛を感じない」そんな心理状況を作り出してくれますよ。

 

クールダウンの際には、ヒーリング系

ラストに行うクールダウン中には、リラックスできる心地よい音楽が最適です。ヨガで流れているようなヒーリング系の音楽はもちろん、ホワイトノイズ(川のせせらぎ、滝の音など、リラックス効果のあるサウンド)もオススメです。

こうした音楽は専用のアプリがあるので、スマホがあればダウンロードしておくと良いでしょう。YouTubeサイトに上がっているソフトでもOKです。

 

筋トレ中の音楽の注意点

ここまで読んで「さあ、さっそく音楽を聴く準備をしよう」と思ったあなた。まだ知っておかなければならないこともあります。

ここからは筋トレ中に音楽を聴く際の注意点も挙げておきましょう。

テンポが速すぎる音楽は不向き

筋トレにテンポやリズムは重要ですが、テンポが速すぎる音楽や曲調が頻繁に変わる音楽はチョイスしないほうがベターです。脳内のリズムと身体の動きに違いが生じてしまい、非効率になるほか、ケガの原因にもなりかねません。ヘビメタやハードロックの中には、こうした音楽もあるので選曲には気を付けましょう。

理想は適度なスピード感を保ち続ける音楽です。

 

思い入れのある音楽はNG

自分が好きなアーティストを選ぶのは選択肢としてアリですが、その音楽に特別な感情や思い出があるのであればオススメできません。耳元に流れてくる音楽が、別のことを思い起こさせるからです。今やらなければいけないトレーニングに集中できず、「思うように身体を動かせない」事態や、「あれ?いま何セット目だっけ?」と意識がとんでしまう事態を生む可能性があります。

好きな音楽を聴くのは悪くありませんが、その音楽に気を取られることにならないよう注意しましょう。

音楽プレーヤーにもこだわろう

基本的にはイヤホンで音楽を聞けばとくに問題はないのですが、音楽を聴く端末(プレーヤー)にこだわると、よりトレーニング効率があがります。

例えば、プレーヤーが大きい、ケーブルが邪魔になるといったことがあると、意外と面倒に思いますよね?こうしたことが繰り返されると筋トレに集中できません。そうならないためにも、例えばBluetooth機能のあるケーブルの無いプレーヤーの利用はおすすめです。

他にも、ワイヤレスイヤホンや、超小型のMP3プレーヤーなど、トレーニング用のための音楽端末を持つことも考えてみてはいかがでしょう。

さいごに

ということでいかがでしたか?音楽が筋トレにもたらす効果は意外とたくさんあることがお分かりいただけたと思います。

いずれも魅力的なメリットですが、その有効性が1つでも自分に必要だと思うのであれば検討してみてはいかがでしょう?うまく活用すれば、より快適にワークアウトをこなせるはずです。筋トレ効率を上げる「手軽な工夫」としておすすめします。

筋トレと一緒に使いたいおススメアイテム3選

音楽も大事ですが、効率的に筋力を付けていくことも重要です。

その中でも筋肉サプリや加圧シャツなどを利用している人は結構多いのではと思います。その中でも私が使ったことがある製品を3つ紹介したいと思います。

HMB極ボディ

HMB極ボディ
HMB極ボディの最大の特徴はHMBの吸収率を加速するアストラジンが配合されている点です。

HMBの配合量は2,100mgと平均的ですがアストラジンが吸収をサポートすることで吸収量がなんと3,150mgまで跳ね上がります

HMBは凡そ1時間~2時間後に血中濃度がピークに達するので、大体筋トレ開始前に飲んでおくと良いでしょう。また1日あたりの摂取量が3粒と圧倒的に少ないのでたくさん飲まないといけない製品が多い中でも飲みやすいのではないでしょうか。

HMBだけでなく、EAAやBCAAもバランスよく配合されておりますので、HMB極ボディ1つで主要成分が全部摂取できることになります。

今なら公式サイト限定で初回500円のお試しが利用できるので一度使ってみましょう。私が購入した時にはなかったキャンペーンなので、これから始める人はお得にスタートできてちょっとうらやましいです。

筋肉痛になるほど筋トレする前に一度使ってみることをお勧めします。

おすすめポイント

  • HMB吸収率はNo1
  • EAA、BCAAも配合されている
  • 栄養バランスに優れる
料金 初回500円(2カ月目以降6,280円)
内容量 90粒(30日分)
主成分 HMB、BCAA、EAA
返品保証 30日間

鍛神

鍛神

鍛神はHMBを補うサプリです。販売されたのはHMB極ボディよりも後ですが、HMBサプリ業界内ではかなりの売上が出ており、最も人気のあるサプリと言えます。

人気の理由はHMB2000mgと高い配合率である点と、筋肉合成を促進するBCAAも配合されている点です。HMB極ボディと違って、EAAは入っていませんが、元気になる成分であるシトルリンやアルギニンが含まれています。

鍛神も今なら公式サイトに限定のお試し(初回500円)が利用可能ですので、うまく活用いただければと思います。

おすすめポイント

  • HMBとBCAAを一度に摂れる手軽さ
  • 毎月のコストは比較的安価
  • 金子賢監修であり多くのプロが愛用
料金 初回500円(2カ月目以降6,980円)
内容量 180粒(30日分)
主成分 HMB、BCAA、シトルリン、アルギニン
返品保証 30日間

SIX-CHANGE(シックスチェンジ)

皆さんは筋トレを1日どれくらいやっているでしょうか?人それぞれだと思いますが、長くて1~2時間くらいではないかと思います。

1日は24時間あるのにそれ以外の時間はもったいないと思う方におススメなのが、加圧シャツのシックスチェンジです。

加圧シャツは伸縮性の高い特殊な素材を使うことによって、身体を締めることによって負荷をかけることができるというものですが、シックスチェンジはスパンデックス配合のテリレンを素材として使っており、ウェストだけでなく、肩や胸部も同時に鍛えることができます。

おすすめポイント

  • スパンデックス配合テリレン素材
  • 着るだけでOK
  • 今なら送料無料+最大6160円OFFキャンペーン

 

ABOUTこの記事をかいた人

DaisukeK

筋トレ歴1年目。通っているジム:エニタイムフィットネス。愛用のプロテイン:マイプロテイン。使用サプリ:HMB。実体験に基づく価値ある筋トレの情報をお届けします。