筋トレに腰ベルト(パワーベルト)はなぜ必要?その効果とオススメ商品

グローブ、リストラップ、肘サポーター…

トレーニングギアは数あれど、中でも筋トレ上級者がよく使っている幅の大きなベルトをご存じでしょうか?「パワーベルト」「トレーニングベルト」という商品で、一般的には「腰ベルト」などとも呼ばれています。

ベンチプレスやスクワット、デッドリフトといった本格的な筋トレで使用されるシーンが多く、高重量を扱う人が愛用している印象がありますよね?スポーツジムではレンタルできるところもあります。

でも、実はこのパワーベルトの効果とメリットを考えると、初心者こそ使うべきアイテムなのです。

「初心者なのにあんなベルトをつけるなんて恥ずかしい」「重いものを扱わないのにベルトは必要ない」なんて思っているあなた。これを読んでその素晴らしい効果をぜひ知ってください。オススメの腰ベルトも紹介しますよ。

そもそも「腰ベルト」とは?

筋トレで使われる腰ベルトは、様々な種類があります。

そのほとんどが、腹圧を高めて体幹部を補強。主に腰のケガを予防する他、パフォーマンスを向上させるために作られたものです。

筋トレ以外では、ウエイトリフティング、パワーリフティングといったバーベル競技はもちろん、砲丸投げややり投げのように体幹部を安定させたい競技で使用されることも少なくありません。腰に巻くことで上記に説明したような効果が期待されるからです。

では、この記事のテーマでもある「筋トレ」の場合、ベルトをつける場合とつけない場合とでは、どんな違いがあるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

 

ケガ(主に腰痛)の防止

筋トレではハードになるほどケガの不安がぬぐえません。特に重要なのが腰。ここを痛めてしまうと、ほとんどのメニューがこなせなくなるからです。

とくにスクワットやデッドリフトをある程度の重さでやろうとすると、腰にかなりの負担がかかります。継続したトレーニングであれば、その負担が積み重なり、腰への影響は計り知れません。こうなってしまうと、筋肉や腰に痛みを覚え、筋トレができず”長期間の離脱”という事態にもなりかねないのです。

そこで重宝すべきなのが腰ベルト。これを巻くことによって、お腹をギュッと締めた状態になりその圧力がカラダの中に入ってきて背骨が安定します。

この状態であれば、例えばスクワットの場合、お尻が下がってスピードがゼロになったところから持ち上げる(切り返しの)瞬間に、大きな負荷がかかりますが、背骨とフォームが安定し腰にかかる負担を軽減することができるのです。

中腰になって床からバーベルを持ち上げるデッドリフトの場合も同様で、腰ベルトはフォームの安定とケガの予防を後押ししてくれます。

また、アームカールやトライセップスキックバックのような腕をメインに鍛えるメニューでも、腰ベルトは有効です。背骨周辺にある「脊柱起立筋」を痛めてしまいがちなので、背骨を安定させて行うことが望ましいと言えます。

 

パフォーマンスアップが期待できる

筋トレをするなら、誰もが「挙上重量を伸ばしたい」「重いものを挙げたい」と考えますよね?

腰ベルトはそうした筋トレ本来のだいご味も大いに体感させてくれます。

なぜなら、腹圧がかかるとそれだけカラダの中心部のバランスが良くなり、高重量を挙げられるようになるからです。どんなフォームでも全身の左右バランスが悪かったり、骨がゆがんでいたりするとパフォーマンスはさほど上がりません。カラダを安定させ、理想的なバランスを保つことが重要なのです。

また、体幹が安定することで「体のブレ」を解消。日々の筋トレの効果をより高めることができ、これを積み重ねていくことでもパワーアップにつながります。

 

メンタルを切り替えられる

もう1つが筋トレ時のモチベーションの向上です。

腰ベルトを使う際、それを巻き付けるタイミングで「さあやるぞ!」と、頭の中でやる気モードへ切り替えることができます。集中力も高まるので、メンタルは最高レベルまで引き上げられる可能性があります。

とくに初心者は、このメンタルの調整がなかなかうまくできません。パフォーマンスに自信が無いため、色んな不安が頭をよぎり気分が散漫になってしまうからです。

そういう時はベルトを装着してみましょう。気分の高まりを感じられるはずです。すぐには慣れないかもしれませんが、本気でトレーニングをしたいという思いがあるなら、筋トレの際は毎回腰ベルトをつけるようにすることをオススメします。

 

タイプ別オススメ腰ベルトはこれだ

ここまで読んで、腰ベルトに興味を抱いた方も多いのではないでしょうか。

続いては、どんなベルトを選べば良いのか解説していきましょう。

 

腰ベルトの分類1⃣「素材」

ベルトには、分類の仕方があります。その1つが、素材による分類です。

初心者でも使いやすい「布製・ナイロン製」

素材が布やナイロンでできている腰ベルトは軽さがポイントです。体への負担も少なく、初めてベルトを使う筋トレ初心者や女性のトレーニーにオススメです。

常時つけていてもさほど苦しくなく、ちょっとしたエクササイズの時でも使用できます。価格もリーズナブルなので、最初に購入するベルトとしては最適といえそうです。

また、とくにナイロン製のベルトは、マジックテープ仕様になっているものが多く、締めつけの微調整ができるのがポイントです。トレーニングメニューによって締め付けを細かく変更したいのであれば、このタイプがいいでしょう。

非常に軽量で、折りたためるものもあるので持ち運びにも便利です。汚れたら洗濯することもできます。

 

上級者になるなら「レザー製(革製)」

重厚感があり、腰回りをしっかり締めてくれるのがレザー(革製)のタイプです。愛用者が増えていて、最も多く流通している腰ベルトといえるかもしれません。特に、布製やナイロン製よりも圧力が加わるため、重い重量を挙げる中~上級者に愛用されています。

例えば、スクワットやベンチプレス、デッドリフトという本格的なメニューをこなすのであれば、パフォーマンスを高める意味でもレザータイプを選びましょう。

また、レザータイプの中にも、幅や厚さが価格帯によって異なってきます。上級者を目指すなら、値段は高くなりますが、より厚みのあるベルトがオススメです。耐久性も高いので、コストパフォーマンスという面でも価値がありそうですね。

 

腰ベルトの分類2⃣「バックル」

腰ベルトは、締め付け部分「バックル」の構造でも違いがあります。

ピンタイプ

ピンタイプは、主にレザータイプのベルトに採用されています。通常の衣服のベルトのように、穴にピンを通して止めるもので、1本ピンのタイプと2本ピンのタイプに分かれます。

1本ピンは扱いやすく、初心者や女性向き。2本ピンは、強度や安定性が高いため中級者から上級者向きと言えます。

 

マジックタイプ

先にも述べた、主にナイロン素材でできている布製トレーニングベルトに使われているのがマジック止め。メリットは何といっても自分で簡単に装着でき、微調整も数限りなく可能だという点です。

ただし、大きな負荷をかけてしまうと簡単にはがれてしまうという難点があるので忘れてはいけません。

 

レバーアクションタイプ

ワンランク上のベルトがレバーアクション。レバーが装備されていて、テコの原理で簡単に腰を締め付けることができます。分厚いベルトに採用されているものが多く、ピンタイプだとかかってしまう締める際の手間を省き、ワンタッチで装着できます。もちろん、取り外しも簡単です。

腹圧を極限まで高めたい上級者や、しっかり腰をガードしたい高重量トレーニングをするトレーニーにはこちらがオススメです。ウエイトリフターやパワーリフターにも愛好者はたくさんいます。

微調整ができないこと、やや重さがあることと、高価格帯になってしまうことなど、難点は幾つかありますが、長く良いものを使い続けたいというのであれば、購入してみてもいいかもしれませんね。

 

ベルト選びの際に忘れてはいけないこと

では、自分に合った腰ベルトを探す際、どんなことに注意すれば良いのでしょうか。

 

ウエストサイズ

腰ベルトは、だいたいXS、S、M、L、O…といった感じでアパレルと同じようにサイズがあります。腰の太さ(長さ)を表しているもので、しっかり自分の腰の太さを計測して選びましょう。

ただし、腰回りのサイズとベルトのサイズ表とを比較するだけでは、締め付けたときの感触が分かりません。できればお店で試着してみることが理想です。意外と「思ったより緩かった」「キツすぎた」という購入後に後悔するユーザーの声も少なくありません。注意が必要です。

どうしても通販などで購入を考えている人は、評価レポートを読むなどして、自分の体格と同じような体格の人の声を参考にしてみましょう。

厚み

安い商品の場合、ベルトの厚みが薄っぺらいものがあります。これで事足りるのであれば問題ありませんが、しっかりと腰を安定させたい、高重量を扱いたい、という人には不向きな場合もあります。

ハイレベルなトレーニングを目指すなら、ベルトの商品説明をよく読んで、厚み1㎝近くあるものを選びましょう。パワーリフティングの公認ベルトなどであれば、十分な厚みがありますよ。

さいごに

初心者は、腰ベルトを使うべきか使わないべきか、2つの意見に分かれます。

使うべきという人は、ここで記してきたようなメリットを享受できるのがその理由で、一方、使わないという人は、「まずはベルトに頼らないで筋トレに慣れていきたい」という考えのようです。

しかし、初心者でも「背骨の安定」や「腹圧」を体感し知ることはとても良いことで、できれば早く習得した方が今後の”筋トレライフ”がより充実するはずです。特に高価なベルトを使う必要はなく、最初は通販で売られている安価な商品や、ジムで貸してくれるレンタル品で試してみることをオススメします。

 

 

筋トレの質を上げることも大事ですが、効率的に筋力を付けていくことも重要です。

その中でも筋肉サプリや加圧シャツなどを利用している人は結構多いのではと思います。その中でも私が使ったことがある製品を3つ紹介したいと思います。

HMB極ボディ

HMB極ボディ
HMB極ボディの最大の特徴はHMBの吸収率を加速するアストラジンが配合されている点です。

HMBの配合量は2,100mgと平均的ですがアストラジンが吸収をサポートすることで吸収量がなんと3,150mgまで跳ね上がります

HMBは凡そ1時間~2時間後に血中濃度がピークに達するので、大体筋トレ開始前に飲んでおくと良いでしょう。また1日あたりの摂取量が3粒と圧倒的に少ないのでたくさん飲まないといけない製品が多い中でも飲みやすいのではないでしょうか。

HMBだけでなく、EAAやBCAAもバランスよく配合されておりますので、HMB極ボディ1つで主要成分が全部摂取できることになります。

今なら公式サイト限定で初回500円のお試しが利用できるので一度使ってみましょう。私が購入した時にはなかったキャンペーンなので、これから始める人はお得にスタートできてちょっとうらやましいです。

筋肉痛になるほど筋トレする前に一度使ってみることをお勧めします。

おすすめポイント

  • HMB吸収率はNo1
  • EAA、BCAAも配合されている
  • 栄養バランスに優れる
料金 初回500円(2カ月目以降6,280円)
内容量 90粒(30日分)
主成分 HMB、BCAA、EAA
返品保証 30日間

鍛神

鍛神

鍛神はHMBを補うサプリです。販売されたのはHMB極ボディよりも後ですが、HMBサプリ業界内ではかなりの売上が出ており、最も人気のあるサプリと言えます。

人気の理由はHMB2000mgと高い配合率である点と、筋肉合成を促進するBCAAも配合されている点です。HMB極ボディと違って、EAAは入っていませんが、元気になる成分であるシトルリンやアルギニンが含まれています。

鍛神も今なら公式サイトに限定のお試し(初回500円)が利用可能ですので、うまく活用いただければと思います。

おすすめポイント

  • HMBとBCAAを一度に摂れる手軽さ
  • 毎月のコストは比較的安価
  • 金子賢監修であり多くのプロが愛用
料金 初回500円(2カ月目以降6,980円)
内容量 180粒(30日分)
主成分 HMB、BCAA、シトルリン、アルギニン
返品保証 30日間

SIX-CHANGE(シックスチェンジ)

皆さんは筋トレを1日どれくらいやっているでしょうか?人それぞれだと思いますが、長くて1~2時間くらいではないかと思います。

1日は24時間あるのにそれ以外の時間はもったいないと思う方におススメなのが、加圧シャツのシックスチェンジです。

加圧シャツは伸縮性の高い特殊な素材を使うことによって、身体を締めることによって負荷をかけることができるというものですが、シックスチェンジはスパンデックス配合のテリレンを素材として使っており、ウェストだけでなく、肩や胸部も同時に鍛えることができます。

おすすめポイント

  • スパンデックス配合テリレン素材
  • 着るだけでOK
  • 今なら送料無料+最大6160円OFFキャンペーン