【最新版】フィジーカーを目指す人がタバコを止めるべき3つの理由

タバコ

フィジーカーのような肉体を目指すのであればタバコをすぐやめましょう。タバコは肉体だけでなく精神にも甚大な被害をもたらします。麻薬よりも依存度が高く、かつ毒性も強いタバコについて改めて正しい知識を身につけていきましょう。

タバコがフィジーカーへもたらす3つの害悪

タバコ

タバコはニコチンの有毒性ばかりが注目されますが、ニコチン以外にも有毒物質が含まれていることを知っておく必用があります。それはタールと一酸化炭素です。これら3つの有毒物質が私たちの肉体にどのような影響を与えるのか、特に筋肉にどのような悪影響があるのか見ていきます。

ニコチン

ニコチンは一般的に依存を高める物質として認知されていますが、フィジーカーを目指すような人にとって脅威となるのがカテコールアミンの分泌を促進する点です。この物質は下記のような悪影響を及ぼします。

  • 血管収縮
  • 血圧上昇
  • 脈拍増加

 

特に注意しておきたいのが血管収縮です。筋トレで壊れた筋肉は血管を通って運ばれるタンパク質などの栄養によって修復・成長していきます。しかし血管が収縮してしまうと筋肉に必用な栄養を届けることができず、せっかく筋トレをしたのに筋肉が大きくなりにくくなるというデメリットがあります。

 

タール

タールは主に発がん性物質とされています。しかし筋トレをしている人にとって忘れてはいけないのは。タールは肺に蓄積していくという点です。肺は筋トレをする上でとても重要な臓器であることは言うまでもありませんが、タールを吸い続けることによって肺の機能は低下していきます。具体的には毎日20本のタバコを吸う人は1年でコップの半分くらいのタールが肺に溜まってしまうとされています。

 

一酸化炭素

よく火事の死因として挙げられる一酸化炭素ですが、死に至るほどなのでどれくらい有害かは言うまでもありません。この一酸化炭素の恐ろしいところは血液と酸素の結びつきを弱くし、身体を酸欠状態にしてしまう点です。そしてなんと酸素不足に陥ると筋肉量は低下してしまいます。つまり筋トレをしている人にとって喫煙という行為はまさに自殺行為なのです。

関連記事:【朗報】筋トレしてもビールはOK!ダイエット効果もあると判明

 

フィジーカーを目指すためにまずタバコをやめる

フィジーカー

フィジーカーのようないわゆるプロを目指す人にとって、タバコを吸うメリットは一切ありません。タバコを肯定している一部の人にとって、それは依存症を克服できない自分を肯定したいという気持ちの裏返しなのです。もし本気でフィジーカーの選手のような肉体を目指すならまずはタバコを止めることから始めましょう。

またタバコの依存度は実は大麻などの麻薬よりも遥かに高く、そのため一人で克服するのはほぼ無理と言っても過言ではありません。麻薬よりも依存度の高いタバコに打ち克つには禁煙外来などの他人の力を借りるしか方法はありません。この際フィジーカーのような肉体を目指すにあたって、健康的な身体に少しでも戻していく努力を一緒にしてみてはいかがでしょうか。

どうしても辞められないなら電子タバコへ

電子タバコ

とはいえ依存度が高いタバコはやめることができないこともあります。そんな人はせめて電子タバコに変えるなど対策を打ちましょう。現代のテクノロジーは凄いもので、ニコチンとタールがゼロの電子タバコもあります。愛煙家の人にとっては苦渋の選択となりますが、健康と磨かれた肉体を取り戻すことができるのなら、その代償は大きくはないでしょう。

ダイスケ
About ダイスケ 17 Articles
ガリうさぎのモデル。ウェブマーケッター・ライティング・SEO担当としてOrenoに従事。ゴリ蛙師匠の元、マッチョを目指す。最近の出来事「ダンベルを買ったこと」好きなメニュー:カール。twitterやってます→こーづまん@大手企業から逃亡