【警告】プロテインとアミノ酸を一緒に飲んではいけない3つの理由

「プロテインとアミノ酸って一緒に飲んでいいの?」

「そもそもプロテインとアミノ酸の違いは?」

今回はこんな疑問に対し、フィジーカー選手兼トレーナーである筆者が解説していきます。

この記事を読めば、プロテインとアミノ酸を一緒に飲んではいけない3つの理由が分かります。

プロテインとアミノ酸の違いは?

「そもそもプロテインとアミノ酸の違いが分からない!」

という方へ向けて簡単に解説します。

ご存知の方は読み飛ばしてください。

 

プロテインは日本語に直訳すると「タンパク質」のことです。

一方でアミノ酸はそのままなので少々分かりくいかもしれませんが、アミノ酸とはタンパク質を構成している小さな粒のようなものだと思ってください。

 

私たちはタンパク質を分解することでアミノ酸を手に入れています。

つまりプロテインはとアミノ酸は分解する前と、後の関係にあるという事です。

 

またプロテインは筋肉を作る材料となり、アミノ酸は筋トレにおける筋肉合成のサポートする役割となっているため、筋トレにおける位置づけも異なるのです。

また筋トレでは欠かせないBCAAやEAAもこのアミノ酸に分類されます。

関連記事:BCAAとプロテインの6つの違いをトレーナーが5分で解説します!

プロテインとアミノ酸を一緒に飲んではいけない3つの理由

さてプロテインとアミノ酸の違い分かったところでなぜ一緒に飲むべきではないのか解説していきます。

理由としては主に以下の3つが挙げられます。

  1. 吸収の早さが違うから
  2. 胃や肝臓の負担が増えるから
  3. プロテインにもアミノ酸が含まれているから

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

理由① 吸収の早さが違うから

吸収の早さ

プロテインはタンパク質が主成分なので一度分解して吸収する必要があります。

そのためプロテインは飲んでから吸収されるまで1時間から長くて2時間ほどかかります。

 

しかしアミノ酸はすぐにでも吸収ができる形になっています。

アミノ酸の中でもBCAAなら30分ほど、EAAであれば45分ほど吸収までに時間がかかります。

 

このようにそれぞれ吸収までにかかる時間が違います。

プロテインもアミノ酸も筋トレ前や筋トレ中に飲むことがほとんどです。

それぞれの吸収にかかる時間が違い、効果が発揮されるまでにかかる時間も違います。

そのためプロテインとアミノ酸は飲むタイミングも変えた方が良いということになります。

 

逆に全く同じタイミングで飲んでしまうと、必要なときに栄養補給が間に合わなかった、という事が起きてしまいます。

プロテインを飲むタイミングもアミノ酸(BCAA)を飲むタイミングもそれぞれベストなタイミングが存在するのです。

理由② 胃や肝臓の負担が増えるから

負担

飲んだり食べたりした食物は胃で消化されます。

そして肝臓や腎臓に運ばれ血液中にエネルギーや栄養として身体中を巡ります。

当然消化する量が多ければ多いほど胃や、その他の臓器にかかる負担は大きくなります。

ゴリ蛙師匠
ゴリ蛙師匠
前日に食べ過ぎて次の日胃もたれしたことあるやろ?
あるある。食欲がないんよな
ガリうさぎ
ガリうさぎ
ゴリ蛙師匠
ゴリ蛙師匠
それはな臓器も疲れとるっちゅうサインやで!

 

プロテインは肝臓や腎臓に負担をかけます。

これはプロテインのデメリットの1つです。

そこにもしアミノ酸を一緒に使うとどうなるでしょうか?

 

分解の作業でキャパオーバーを起こした臓器が疲弊してしまうのです。

トレーニング前などはパフォーマンス低下に繋がる可能性があるので特に注意が必要です。

このことからプロテインとアミノ酸(BCAA)の飲み方が大切になってきます。

 

具体的には、プロテインを摂取したあと1時間は他のサプリメントを使用してはいけません。

また同様にアミノ酸も飲んでから30分は他のサプリメントを使わないようにしましょう。

関連記事:【2019年最新】プロテインは体に悪い?その嘘と真実まとめ

理由③ プロテインにもアミノ酸が含まれているから

プロテイン

そもそもプロテインはアミノ酸の集合体なので、アミノ酸がすでに配合されています。

それにも関わらず、プロテインとアミノ酸をいっしょに飲むのは明らかに過剰摂取です。

 

よくBCAAの摂取量を間違える人がいます。

しかしそれはアミノ酸の過剰摂取となり下痢を引き起こす原因になってしまいます。

腸の中の浸透圧の調整に大量の水が流れ込み、結果的に下痢を引き起こしてしまうのです。

プロテインの構成要素はそもそもアミノ酸であることを忘れず、それぞれ使い分ける必要があります。

関連記事:【痩せたい女性必見!】プロテインが便秘を引き起こす原因と解消法!

プロテインの最適な摂取タイミング

飲み方

プロテインは摂取タイミングを工夫することで栄養補給の心強い味方になってくれます。

これからプロテインの摂取する最適なタイミングを2つご紹介したいと思います。

1起床時

人間の体では夜の間に代謝が行われカロリーを消費します。

そのため朝起きたら栄養が枯渇した状態になっているのです。

栄養が枯渇した状態とはいわゆるカタボリック(筋肉が分解されやすい状態)になるため、栄養がすぐにでも必要です。

固形物より吸収が早いプロテインを使用することで素早く栄養が補給できます。

2トレーニング後

トレーニング後は筋肉に負荷がかかりダメージを受けた状態なので修復にタンパク質が必要になります。

アミノ酸でも効果が全く無いわけでは無いのですが、タンパク質は筋肉だけではなく髪や爪など人体を構成する上でとても重要な栄養素なのです。

なのでトレーニング後のプロテイン摂取も非常に重要です。

アミノ酸の最適な摂取タイミング

筋トレ

特にBCAAの摂取タイミングやEAAの摂取タイミングは筋トレにおいて重要な要素となります。

結論から言うとアミノ酸はトレーニングの前とトレーニング中に飲むべきです。

なぜなら筋トレの前にアミノ酸の血中濃度を高めておくと、BCAAの効果として筋トレの効率がUPするからです。

また筋トレによって筋肉が破壊され、修復の過程で他の筋肉を分解させないためにも血中のアミノ酸濃度は高く保つ必要があります。

そのためアミノ酸は筋トレの前と、筋トレ中に飲まなければいけないのです。

関連記事:【徹底解説】BCAAを寝る前に飲むメリットとデメリットまとめ

まとめ プロテインとアミノ酸を筋トレに活用しよう

いかがでしたか?

プロテインとアミノ酸はそれぞれ違いを理解し使いこなすことが大切です。

基本的にプロテインやアミノ酸は栄養補助食品に分類されます。

しかし栄養も過剰摂取になると毒になりかねません。

適切な容量・用法を守って使いましょう。

関連記事:【2019年最新】トレーナーの僕が選ぶ激安のプロテイン3選!

この記事のまとめ▼

アミノ酸とプロテインは一緒に飲むべきではない。それぞれの最適な摂取タイミングを知り筋トレの効果をUPさせよう!

コウスケ
About コウスケ 37 Articles
ゴリ蛙師匠のモデル。トレーナーの仕事の傍ら、フィジークの大会出場に向けて修練中。主に筋トレ系記事の監修・制作・動画モデルを担当。最近の出来事:2019年10月NPCJ福岡大会出場。